PR
PR

攻撃空回り コンサ零敗 シュート14本不発

 サッカーで勝敗を決するのは「得点」―。今季この当たり前の事実を幾度となく思い知らされている。シュート数は神戸4本に対し、札幌は14本。ペトロビッチ監督は「私が監督でなくなったら、もしかしたら点が入るかも」とこぼした。

 今夏補強した大迫や武藤ら豪華攻撃陣が先発した神戸に対し、札幌はハードワークと積極的な守りで主導権を握った。面白いように敵陣深く攻め好機を演出。相手に「終始自分たちのサッカーはできなかった」(GK飯倉)と言わしめた。

残り:361文字/全文:578文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る