PR
PR

化学物質過敏症は労災 道内初判断、不認定取り消し 札幌高裁

[PR]

 職場での清掃作業中に殺菌剤の成分を吸い込み、化学物質過敏症(MCS)を発症したとして、岩見沢市の40代女性が国に労災不認定の取り消しを求めた行政訴訟の控訴審判決が17日、札幌高裁であった。長谷川恭弘裁判長は業務とMCSの因果関係を認定。請求を棄却した一審札幌地裁判決を取り消し、不認定処分を取り消した。MCSは発症のメカニズムなどの医学的知見が確立していない。労災と認める司法判断は道内初で、全国的にも珍しい。

 二審判決によると、女性は岩見沢の飲食店で勤務していた2012年2月、同僚がトイレ清掃の際に殺菌剤を希釈せず、原液のまま吹き付けたのを拭き取る作業に従事。その後、頭痛や舌のしびれ、はきけなどの症状に悩まされるようになり、医師からMCSと診断された。殺菌剤は次亜塩素酸ナトリウムなどを主成分としていた。

残り:416文字/全文:772文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る