PR
PR

ゲノム編集のマダイ、流通へ 動物性食品では国内初

 京都大などがゲノム編集技術で開発した肉厚のマダイについて、厚生労働省の専門調査会は17日、販売と流通を届け出のみで認めることを了承した。販売会社は同日届け出を完了し、受理されたと公表した。国内ではトマトに続き2例目のゲノム編集食品となり、動物性食品では初のケースとなる。

 調査会は、外から新たに組み込んだ遺伝子が残っておらず、有害物質が含まれないと確認。従来の品種改良と同等とみなされ、届け出だけで流通できると判断した。

 販売するベンチャー企業「リージョナルフィッシュ」(京都市)は、近く190食分の予約受け付けを始め、10月から順次配送すると明らかにした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る