PR
PR

おなかに優しい「A2ジャージー乳」専門店 佐呂間で研究2年 プリンなど商品化

 【佐呂間】希少性の高いジャージー牛乳の中でも消化不良を起こしにくい「A2ミルク」と呼ばれる種類だけを使った乳製品の専門店「ARVO CAFE(アルボ カフェ)」が、町若里498の旧若里小校舎内にオープンした。併設する工房で、約2年かけて研究を進めソフトクリームやプリンなどを商品化した。営業日の土日には合わせて約500人が訪れる盛況ぶりで、製造販売責任者の丸山洋平さん(31)は「日本でも数少ない牛乳にこだわり、この地域のブランドにしていきたい」と話す。

 カフェと工房は、湧別町にあるメガファームの中谷牧場が運営している。牧場は2018年に佐呂間町から無償で借りた同校舎などを改装し、翌19年から飼育するジャージー種の生乳を使った加工品の開発を行ってきた。スタッフは「ど素人集団だった」(丸山さん)が、追加の設備投資やレシピ研究を重ね、今年8月に直売所兼カフェの開店にこぎ着けた。

残り:411文字/全文:802文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る