PR
PR

日本、中国艦船の増加に抗議 尖閣諸島周辺、海警7隻

 沖縄県・尖閣諸島の周辺で8月下旬に中国海警局の艦船が通常より多い7隻に増え、うち4隻は機関砲のようなものを搭載していたことに対して、日本が中国に「強い懸念」を伝えて抗議したことが15日、分かった。海警の領海侵入も受け入れられないと強調した。日本政府筋が明らかにした。海警が武器使用に踏み切らないか、日本は警戒を強めている。

 海警は通常、尖閣周辺を4隻でパトロール。だが8月30日は7隻出動し、4隻が領海に侵入した。追加派遣とみられる3隻は接続水域で待機。この3隻と領海侵入の1隻が機関砲のようなものを搭載していた。

 この日は日本漁船5隻が領海で操業していた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る