PR
PR

大通公園 芝生を復旧 五輪で撤去、開放は来季

 東京五輪マラソン・競歩の発着会場となった、札幌市中央区の大通公園2~4丁目の芝生の復旧工事が進んでいる。

 4月以降、大会運営のために順次閉鎖され、芝生もはがされていた。復旧工事は東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が施行主体となり、今月1日から開始。月半ばから本格的に芝張りが始まった。

【関連記事】
大通公園の利用再開、4丁目は9月 2、3丁目は10月
大通公園に五輪シンボルマーク 札幌市がモニュメント設置

残り:230文字/全文:434文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る