PR
PR

新ご当地グルメ「ソーラン玉」食べて 余市紅志高生と地元企業がタッグ

 【余市】余市の味「ニシン」を若者や観光客に気軽に食べてほしいと、余市紅志高と水産加工業のマルコウ福原伸幸商店、地域おこし協力隊が協力し、一口サイズのコロッケ「ソーラン玉」を作った。新ご当地グルメとして、18日から道の駅やエルラプラザで期間限定で販売する。

 ソーラン玉は、同商店が提供したぬかにしんをほぐし、つぶしたジャガイモを合わせてカレー味に仕上げた。地元食材を使った商品開発へ町地域おこし協力隊の籾木勝巳さんが企画し、同校の生徒の意見を取り入れながら味や形、パッケージを決めていった。

残り:393文字/全文:638文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る