PR
PR

道内130地点 今季最低気温を記録 音更は氷点下に迫る

 道内は14日早朝、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象などにより各地で10月中旬から11月上旬並みの冷え込みとなり、130地点で今季最低気温を記録した。午前5時台に十勝管内音更町駒場では0・2度、上川管内上川町では0・6度と氷点下に迫る冷え込みになった。

 今夏以降、道内で最も気温が低かったのは8月12日の稚内市の2・6度。

 気象台によると、オホーツク管内遠軽町生田原では1・3度、上川管内東神楽町で1・4度となるなど道北や道東の6地点では最低気温が1度台まで下がった。帯広市は10月中旬並みの4・9度、札幌市は9月下旬並みの11・7度だった。道内は16日まで、気温が平年を下回る状況が続く見通し。(小宮実秋)

PR
ページの先頭へ戻る