PR
PR

緊急事態宣言延長初日 道内感染減少2桁に 道は対策緩めず

 新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づき北海道を含む19都道府県に発令中の緊急事態宣言は13日、延長期間に入った。期限は30日で、道は札幌市を含む石狩管内と旭川市、小樽市の10市町村を「特定措置区域」として、他の169市町村より強い対策を継続。新規感染者が減少傾向にある中、対策の長期化に伴い休業などの要請に協力しない事業者が増えているが、道は当面、現行の枠組みを維持して感染「第5波」の抑止を徹底する構えだ。

 宣言延長初日の13日、道内の新規感染者の発表は55人で、79人だった7月23日以来52日ぶりに100人を下回った。

残り:634文字/全文:901文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る