PR
PR

現金提供「吉川先生に拒否されなかった」 鶏卵汚職公判で元代表

[PR]

 鶏卵業者から大臣在任中に現金計500万円の賄賂を受領したとして、収賄罪で在宅起訴された元農水相で元衆院議員の吉川貴盛被告(70)の第2回公判が13日、東京地裁(向井香津子裁判長)であった。贈賄罪などで公判中の鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)グループ元代表の秋田善祺(よしき)被告(87)が「吉川先生に現金を渡した際に拒否されたことはなかった」と証言した。

 検察側証人として出廷した秋田被告は、2018年11月に東京都内で開かれた吉川被告の農水相就任パーティーで、「お祝いです」と上着ポケットに封筒入りの200万円をねじ込んだと証言。「吉川先生はちょっと慌てた雰囲気だったが、発言はなく、拒否する態度もなかった」と述べた。

残り:284文字/全文:601文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る