PR
PR

コンサドーレ 5試合ぶり白星 攻守 久々かみ合い

 8日のホームでのC大阪戦は決定機を逃す中で、相手に少ない好機で得点を許し、0―3の完敗。それから3日後、同じ相手に敵地で快勝した札幌。ペトロビッチ監督は「集中して守り、チャンスでゴールを奪った。前回の教訓を選手たちは生かしてくれた」と満足そうに話した。

 前線からのマンツーマンの守備で相手を自由にさせず、序盤から札幌が主導権を握った。C大阪の乾は「前回よりも(守備の)圧力があった」と言う。前半のシュート数は札幌の10本に対しC大阪は1本と圧倒。それでも得点が入らない。指揮官は「前回と同じような展開だった」。

残り:313文字/全文:569文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る