PR
PR

石狩市、12~15歳接種券を13日送付 乳幼児預かり事業開始

[PR]

 【石狩】市は12~15歳の市民に対し、新型コロナウイルスワクチンの接種券を13日に送付すると発表した。対象は約1800人で、届いた人から予約ができる。これで市内では国が示す接種可能なすべての世代が接種できることになった。

 今回送付するのは8月31日時点で12~15歳の人。9月1日以降に12歳を迎える約300人には、誕生月の翌月に発送する。市のコールセンターやホームページから予約ができる。

 また20~30代の子育て世代の接種が8月からスタートしたことを受け、接種時に子どもを無料で一時預かる事業を始める。対象は生後1カ月~就学前の乳幼児。石狩市民図書館1階和室で、市内の子育て支援団体「ぽけっとママ」が最大1時間半預かる。接種日の1週間前までに、市新型コロナウイルス感染症対策課(電)0133・72・3640で予約する。

 同課によると、10日現在の12歳以上(5万3543人)のワクチン接種状況は、1回目を終えた人は58・5%(3万1336人)、2回目を終えた人は46・6%(2万4953人)となっている。
(伊藤駿)

PR
ページの先頭へ戻る