PR
PR

北大構内の跨道橋10月に撤去 設置から半世紀、老朽化で

[PR]

 北大は、老朽化した構内の跨道橋(こどうきょう)(札幌市北区北7西10)を撤去するため、10月20日午後10時~21日午前6時と25日午後10時~26日午前6時、跨道橋が架かる大学西側の石山通約600メートルを夜間通行止めする。

 跨道橋は札幌冬季五輪が開催された1972年、幹線道路の整備で分断された、農学部地区と札幌研究林をつなぐ目的で設置された。約半世紀が経過し現行の構造基準に適合しなくなったことから北大が撤去を決めた。付近に押しボタン式の信号機が設置され、従来通り両エリアを行き来できる。

残り:67文字/全文:315文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る