PR
PR

投票保障し運営効率化 石狩市、移動式期日前投票所導入

 【石狩】市が次期衆院選から浜益区と厚田区で導入する「移動式期日前投票所」は、地域住民の投票機会を確保した上で、効率的な運営を図る狙いだ。人口減や高齢化が進む両区では、投票管理者や立会人の確保に時間や労力を要しており、市は投票所の統合などの検討を重ねていた。投票日当日には投票所を廃止した地区と投票所を結ぶバスの運行も計画している。

 市選管によると、厚田区は正利冠会館と桂沢会館の投票所を望来コミュニティセンターに、古潭会館と発足会館を厚田保健センターにそれぞれ統合。浜益区では実田会館を浜益小に統合するなどする。旧石狩地区を含む計31カ所の投票所は24に減る。

残り:481文字/全文:762文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る