PR
PR

空知のアライグマ食害が深刻 ここ10年で管内捕獲数道内最多

 空知管内でアライグマの食害が深刻だ。農産物を食い荒らし、本年度はすでに100万円以上の損失が出た生産者も。ここ10年の空知の捕獲数は道内14管内で最も多く、特に南空知の被害が大きい。道は昨年度から管内の2町をモデル自治体に選び、監視カメラや情報通信技術(ICT)を活用した実態把握に着手している。

 「こんなに被害が出たのは初めて」。月形町北郷の農業者、永井宗壱さん(66)はビニールハウスを見渡して肩を落とす。

残り:738文字/全文:944文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る