PR
PR

知内温泉、今冬にも新露天風呂を整備 テントサウナも登場

 【知内】道内最古とされる知内温泉ユートピア和楽園(渡島管内知内町湯ノ里)が周辺の竹林や杉に囲まれた景観を生かし、新しい露天風呂の整備を進めている。道への申請を経て今冬にも利用を始めたい考え。8月上旬には温泉近くを流れる小川のそばに屋外用のテントサウナも登場し、野趣あふれる景観や開放感が楽しめる。

 知内温泉は1205年(元久2年)に開湯したとされ、800年以上の歴史を持つ。五つの源泉があり、自然噴出している。

【関連記事】
<特集>キタコレ ~北海道をおいしく、旅する~

残り:326文字/全文:561文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る