PR
PR

四島洋上慰霊 全て中止 コロナ禍 道も本年度断念

[PR]

 道は8日の道議会北方領土対策特別委員会で、新型コロナウイルスの影響で北方四島ビザなし渡航が2年続けて中止されたことを受け、今秋に検討していた船上での「洋上慰霊」を断念すると報告した。コロナ禍の長期化を受け、実施は困難だと判断した。元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟、札幌)も同様の理由で実施を見送っており、本年度中の洋上慰霊は全て中止となった。

 道は千島連盟の要請を受け、元島民らが北方領土に上陸せず、船上で慰霊祭を行う洋上慰霊を検討。日本側だけの判断で実施できる日ロ中間ラインを越えない形を想定し、道が1~複数回、連盟が1回主催する予定だった。ただコロナ禍を受け、連盟は8月末に実施見送りを決定。道も中止を念頭に関係機関と調整していた。

残り:190文字/全文:517文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る