PR
PR

樽協 都市対抗野球道大会で健闘 創設100年に向け弾み 2次予選あと一歩

 社会人野球のクラブチーム「小樽野球協会(樽協)」が都市対抗大会道地区大会の戦いを5日に終えた。1次予選で敗退したが、上位4チームが本大会の切符を争う目標の2次予選進出にあと一歩に迫る奮闘ぶりを見せた。創設94年と道内3番目の伝統を誇るチームとして岩田哲明総監督(56)は「100年へプラスになる」。節目に向け、弾みをつける戦いとなった。

 1次予選は16チーム(出場辞退の2チーム除く)が出場し、8月27日~9月5日、栗山町民球場(空知管内栗山町)などで行われた。樽協は1、2回戦を接戦で突破。3回戦は道内強豪の航空自衛隊千歳(千歳市)に大敗したが、敗者復活の1、2回戦をしぶとくものにして2次予選進出に王手をかけた。最後は2連覇を狙うJR北海道クラブ(札幌市)に力負けしたが、四回までは0―0と互角の展開に持ち込んだ。

残り:354文字/全文:714文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る