PR
PR

<緊急リポート 首相退陣>下 野党「敵失」戦略に狂い 「菅さんが良かったのに」 相手見えず攻め手欠く

 「(自民党は)総裁選を盛り上げた勢いに乗り衆院選を乗り切ろうとしている。果たしてそれでいいのか」。立憲民主党の枝野幸男代表は4日、島根県内の講演で自民党総裁選に関心が集まる状況をけん制した。

 2日には「もしかしたら、次の衆院選で政権交代できるんじゃないか」と周囲に上機嫌で語った枝野氏。立憲幹部は衆院選を巡る独自の情勢調査を踏まえ「289選挙区のうち150獲得を目指せる」と皮算用していた。だが翌3日、新型コロナウイルス対策に関する野党ヒアリング中、幹部の携帯に「菅義偉首相が退陣の意向を表明」との速報が流れ、状況は一変した。

残り:1164文字/全文:1428文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る