PR
PR

職場接種初日は300人 登別商工会議所、2カ月遅れで開始

 【登別】登別商工会議所が行う新型コロナウイルスワクチンの職場接種が2日、登別地方高等職業訓練校(青葉町)で始まった。初日は同会議所会員企業の従業員や市内の高校教職員、専門学校の学生など約300人が接種を受けた。ワクチン供給の停滞で当初の予定より2カ月遅れたものの、接種を受けた人はほっとした表情だった。

 1日300人、計2千人の接種を見込んでいる。2回目接種の終了は10月12日を予定する。

残り:206文字/全文:402文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る