PR
PR

コンサ番カメラマンが選んだ写真特集⑦

 コンサ番カメラマンが選んだ写真特集の第7弾は、延期となっていたG大阪との第4節を含むリーグ戦6試合。

 五輪中断期間で約3週間ぶりとなったG大阪との試合には敗戦したものの、8月前半は今季2度目のリーグ戦2連勝を果たす。第25節大分戦からは、支柱となる主将の宮沢裕樹を欠き、3戦未勝利となった。DF金眠泰、MF檀崎竜孔、FWガブリエルが次々と期限付き移籍を発表してチームを離れる中、リーグ戦残り12試合で上位進出を目指す。

【1】J1・第4節 札幌-G大阪

●0-2(7月30日、札幌厚別公園競技場)

試合間隔が約3週間空いていた札幌は、G大阪の決定力に屈した。前半29分、札幌は相手のサイド攻撃から矢島慎也に先制点を決められ、後半8分にはレアンドロペレイラに押し込まれて追加点を許した。札幌は序盤から決定機を再三つくったが、最後までゴールが遠かった。
  • 小柏剛がパスに走り込むもシュートは枠の上に外れる=金本綾子撮影
  • 激しい守備に体をのけぞらせながらボールを運ぶチャナティップ(中央)=金本綾子撮影
  • 逆サイドにパスを送る高嶺朋樹=金本綾子撮影
  • 切り返してディフェンスをかわす青木亮太=金本綾子撮影
【2】J1・第23節 札幌ー浦和

◯2-1(8月9日、札幌ドーム)

東京オリンピック閉会翌日の開催となった試合に、8300人を超えるサポーターが集まった。試合開始後8分の最初のCKを深井一希が頭で決め先制。試合の流れをつかみ後半13分には小柏剛が相手GKとの1対1を制し追加点。その後浦和に得点を許すも1点差を守り抜き、2カ月ぶりの複数得点で今季初めて上位チームに勝利した。
  • 前半8分、深井一希が試合の流れを引き寄せる、CKからのヘディングシュートを決める=伊丹恒撮影
  • 前半、攻撃の流れを断ち切るまいと、ライン際のボールを蹴り返す菅大輝=伊丹恒撮影
  • 前半、我らがチャナティップを抑えにかかる、コンサユース出身の西大伍=伊丹恒撮影
  • 後半、浦和DFラインを突破する小柏剛。この後キーパーとの対決を制し貴重な追加点を挙げた=伊丹恒撮影
  •   
  • 後半13分、ゴールを決め浦和を2-0と突き放し、固く拳を握る小柏剛=伊丹恒撮影
  •   
  • 後半21分、浦和に反撃のゴールを食らい、感情を爆発させて気合を入れ直すGK菅野孝憲=伊丹恒撮影
  •   
  • 「もう動けません!」試合終了後、深井一希のヒーローインタビューの間、微動だにしない福森晃斗=伊丹恒撮影
  •   
  • スタンドを埋めるサポーターとともに、ひさしぶりの勝利を喜ぶコンサイレブン=伊丹恒撮影
【3】J1・第24節 札幌-FC東京

〇3-2(8月14日、札幌ドーム)

札幌はFC東京相手に3-2で逆転勝ちした。今季2度目の2連勝。前半2分に先制されて迎えた同41分、小柏剛がこぼれ球を押し込んで同点とした。その4分後に失点したが、後半4分に青木亮太が小柏のパスを流し込んで追い付くと、同19分にも再び青木が得点し逆転した。
  • 前半、同点に追いつくゴールを決め拳を握る小柏剛=金田翔撮影
  • 前半、競り合いに負けずボールをキープする菅大輝=金田翔撮影
  • 前半、ゴールを狙ったFC東京のフリーキックをはじき返すコンサドーレ選手=金田翔撮影
  • 前半、相手選手を複数引き連れながらドリブルでかわす金子拓郎=金田翔撮影
  • J1初ゴール、決勝ゴールを決めた勝利の立役者の青木亮太はペトロビッチ監督に拍手で迎えられ自信に満ちたこの表情。さあ、ゴール量産だ!=金田翔撮影
  • 後半、懸命な守備でボールを奪う宮沢裕樹=金田翔撮影
  • FC東京とのシーソーゲームを制したコンサドーレの選手=金田翔撮影
  • 試合後、勝利を分かち合うためサポーターに拍手を求めるジェイ=金田翔撮影
【4】J1・第25節 大分-札幌

△1-1(8月21日、昭和電工ドーム大分)

札幌が敵地で1点ビハインドを追いつき、引き分けに持ち込んだ。前半11分、大分最初のCKで呉屋大翔に頭で合わせられ、先制を許した。札幌は後半22分、小柏剛の3試合連続ゴールで同点としたが、勝ち越すことはできなかった。
  • 前半、軽いタッチでパスを送る駒井善成=金本綾子撮影
  • 後半、CKに飛び込む岡村大八。惜しくもゴールはならず=金本綾子撮影
  • 後半、ゴール前で相手に阻まれるルーカスフェルナンデス。足がかかったかのように見えるが…PKじゃないの?=金本綾子撮影
  • 同点ゴールを決めた直後の給水タイムで、かみしめるような笑顔を見せる小柏剛(中央)=金本綾子撮影
【5】J1・第26節 札幌-名古屋

●0-2(8月25日、札幌厚別公園競技場)

札幌が上位の名古屋に力負けし、4試合ぶりの黒星となった。序盤からボールは札幌が支配したものの、相手の固い守備を崩すことができず、隙をついて攻める名古屋の稲垣に2得点を許した。4試合連続得点が期待された小柏剛も、何度か巡ってきたチャンスを生かすことはできなかった。
  • 前半、名古屋マテウスのドリブルを止めに行く柳貴博=伊丹恒撮影
  • ハーフタイムにはチッチ登場! 降り続く霧雨に濡れるサポーターの心を癒した=伊丹恒撮影
  • 後半、シュートを外した小柏剛が悔しがる。3試合続いた自身の連続得点も途切れてしまった=伊丹恒撮影
  • ラフプレーもいとわない名古屋の気迫の守備に、攻めあぐねる荒野拓馬=伊丹恒撮影
【6】J1・第27節 札幌-川崎

●0-2(8月28日、札幌ドーム)

札幌は昨季王者の勝利に対する執念に屈した。シュート数は札幌14本に対し川崎9本。決定機で得点できないまま先制を許す、札幌の典型的な負けパターンに陥った。
  • 前半、短距離走のような猛ダッシュでこぼれ球を追う小柏剛=金本綾子撮影
  • 4試合ぶりの出場でキレのある動きをみせるチャナティップ(中央)=金本綾子撮影
  • 後半、4人の相手ディフェンスをかわしてヒールパスを送る青木亮太=金本綾子撮影
  • 後半、相手マークをはがしてパスを送る駒井善成=金本綾子撮影

=次回は9月24日に配信予定です

【関連記事】
さあ、2021へ 写真で振り返る2020
さあ、2021へ チーム始動 キャンプ編

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る