PR
PR

巨大地震で住宅地襲う津波や大雨浸水…「最悪の被害」CG映像に 上ノ国町がHPで公開「災害への意識高めて」

 【上ノ国】町は、巨大地震による津波や大雨による河川の氾濫が発生した際に町内で想定される最悪の被害をコンピューターグラフィックス(CG)でシミュレーションした防災意識啓発動画「巨大災害から身を守る」を公式ホームページ(HP)で公開している。住宅街などが浸水する様子をリアルに再現し、災害への備えの重要性をあらためて訴えている。

 動画は住民に防災への意識を高めてもらおうと、大阪の映像制作会社に委託して制作し、3月から公開。道による日本海沿岸の津波浸水想定と、千年に1度の大雨による洪水被害の予測を基に「津波への備え」と「大雨災害の備え」の2部構成とし、約15分にまとめた。

残り:429文字/全文:715文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る