PR
PR

故郷の治安維持向上に全力 扇沢道警本部長が着任会見

 道警に30日付で着任した扇沢昭宏本部長(55)が同日、札幌市中央区の道警本部で記者会見し、「サイバー犯罪など、新型コロナウイルス禍で増加が懸念される犯罪や被害をしっかり分析し、対処していく」と抱負を述べた。

 重点的に取り組む課題として高齢者の特殊詐欺被害や交通事故の防止を掲げ、「一件でも少なくするための継続的な取り組みが必要」と強調。地震などの自然災害について「日頃の備え、訓練をしっかり行い、大規模災害発生の際は対応に万全を期したい」と述べた。

 登別市出身で秋田や岡山の県警本部長などを歴任。初めての道内勤務に「北海道に恩返しをするつもりで職務に全力で取り組む」と語った。(木村啓太)

PR
ページの先頭へ戻る