PR
PR

函教大生が森町活性化提案 12日間の就業体験で発表会

 【森】町と連携協定を結んでいる道教大函館校の長期インターンシップの発表会が27日、町役場で開催され、学生たちが12日間の成果を披露した。

 町と同大は昨年9月に「雇用創出支援に関する協定」を締結した。学生たちは町内に滞在しながら就業体験や地域について学ぶ長期インターンシップに参加。地域活性化や若者の定住などの具体策を町に提言する。

残り:347文字/全文:513文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る