PR
PR

垣ノ島遺跡ガイドツアーに参加 縄文人ぐっと身近に

 世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」に含まれる函館市南茅部地区の垣ノ島遺跡では1日3回、管理団体のスタッフによる無料のガイドツアーが行われている。9千年前から3千年前に定住者がいたことを示す集落とされ、国内最大級の盛土遺構や竪穴建物跡を巡れば、縄文人の生活が身近に感じられる。記者が参加したツアーの様子を紹介する。

 「ここは今は草むらですが当時は墓があった場所。あちらは住居エリアになります。垣ノ島遺跡は日常と非日常の空間が分かれて残っているのが特徴です」

残り:792文字/全文:1024文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る