PR
PR

海辺漂う薄明かり 江差のゴロンベェ浜に大量の夜光虫

 【江差】町内の観光名所かもめ島東側のゴロンベェ浜の海面に夜光虫の大量発生が原因とみられる赤潮が発生した。赤に染まった浜は夜になると昼間と一変して、青白い光が海面を照らした。

 夜光虫は直径約1~2ミリの海洋プランクトン。大量発生すると、日中は海面が朱色になり、夜は波の衝撃を受けて光を放つ。海水温が高い西日本でよく目撃される。

【関連記事】
<特集>北海道いきものラボ

残り:267文字/全文:449文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る