PR
PR

野生のシカ捕食するクマ、日高の山林で撮影 専門家「見かけても近づかないで」

 小樽市の測量会社に勤務する同市在住の男性(44)が8月21日正午ごろ、日高管内新ひだか町内の道道沿いでクマがエゾシカを食べる様子を撮影した。

 仕事で静内ダム近くの山林を車で走行中、前方にシカを引きずっている体長3メートルほどのクマを発見。クマは大柄のシカを道路沿いに移動させた後、食べ始めたという。男性は5メートルほどの距離まで車で近付き、車内からスマートフォンで撮影した。クマは車が気になったのか、山林に一度逃げたが、すぐに戻って再びシカを食べ始めたという。男性は「初めて野生のクマに出合い驚いた。大きな体ですごい迫力だった」と話した。

残り:111文字/全文:381文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る