PR
PR

91歳ギリヤークさん 気迫の舞踏 故郷函館で2年ぶり公演

 函館出身の大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎さんが21日、函館市松風町のはこだてグリーンプラザで青空舞踏公演を行った。故郷での公演は2年ぶり。ギリヤークさんは「19日で91歳になった。命ある限りは大道芸を続けていきたい」と語り、気迫あふれる踊りを披露した。

 ギリヤークさんは1968年から大道芸人としての活動を始め、現在は東京在住。パーキンソン病などを患い、普段は車いすで生活を送っている。昨年10月に横浜で開いた90歳の記念公演を最後に、予定していた公演はコロナ禍の影響で全て中止となっており、今回の公演が今年最初となった。

残り:203文字/全文:462文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る