PR
PR

函館と釧路の追加見送る 旭川にも「まん延」 酒提供停止、地元に慎重論

 道が新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置の対象地域に旭川市を追加するのは、市内と周辺地域で感染状況が急速に深刻化しているためだ。一方、函館市など同様に緊急事態宣言レベルの感染状況にある複数の地域は、地元の慎重論もあって追加を見送った。政府が道内への緊急事態宣言発令を見送ったことについて、道議会には道の働きかけが不十分だったとの声もあり、全道規模で広がる感染に歯止めをかけられるかは心もとない。

 「旭川は北海道第2の都市で道北の中核市。継続して一定の感染確認が続き、周辺の地域に感染が拡大している」。鈴木直道知事は17日、旭川を重点措置の対象に追加する理由を記者団にこう説明した。

残り:519文字/全文:814文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る