PR
PR

部活合同練習で55人感染 札幌・近郊の4高校

[PR]

 札幌市は14日、市内の高校で2~4日に開かれた高校生の部活動の合同練習に参加した市内外5校のうち4校の計55人が新型コロナウイルスに感染し、クラスター(感染者集団)に認定したと発表した。重症者はいない。札幌市内の1校を会場とし、市内や近郊の残り4校が日替わりで訪れて練習試合を行った。関係者によると、参加したのは男子バレーボール部という。

 市などによると、55人は生徒54人と顧問1人で、5日から13日午前にかけ検査で感染が判明した。練習の参加者は5校で計100人を超え、市は感染者と濃厚接触した可能性のある生徒49人と顧問ら関係者5人にも順次、感染の有無を検査している。試合出場者はマスクを外していたが、終了後や控えの選手、教職員はマスクを着けていたという。市は接触者を特定できているとして参加校名や各校の感染者数を明らかにしていないが、関係者によると、会場となった市内の1校では4日夜に体調不良を訴えた1人を含め生徒25人と顧問1人が感染した。

残り:203文字/全文:628文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る