PR
PR

【志賀賢治さん】広島平和記念資料館前館長

■恐怖より原爆の実相を。死者を記憶し愚直に伝える

 76年前の1945年(昭和20年)のきょう、朝8時15分、広島に原爆が落とされた。被爆者は高齢化し、記憶の継承が課題だ。広島平和記念資料館(原爆資料館)前館長で昨年末「広島平和記念資料館は問いかける」(岩波新書)を出版した志賀賢治さん(68)に、資料館の役割や伝え継ぐ大切さを聞いた。(編集委員 関口裕士)

 ――志賀さんにとって原爆資料館とはどういうものですか。

 「遺品や被爆資料を集めて保管し、調べて展示し、普及・啓発活動を行う施設です。でも、周りはそうは見ていない面がある。慰霊や追悼の場ととらえる人もいれば、核廃絶のメッセージを発信する場と考える人もいる。さまざまな受け止め方を一本化するのは難しい。私は、原爆とはどんなものかを紹介し、あの8月6日に何があったかを伝える博物館としての機能に徹するべきだと考えています」

 ――館長時代、3度目の大改修を行いました。こだわった点は。

 「どちらかというと、以前の展示は悲惨さを前面に押し出していました。55年の開館直後は『ホラーミュージアム』と表現した米国人がいたそうです。私は小学1年生の時に初めて見学しましたが、被爆者の衣服を着せたマネキン人形が怖かった。夜うなされた記憶があります。恐怖は考える余地を奪う。思考停止を招く。考えてもらう場にするには、恐怖は余計なのではないかと思います」

残り:2831文字/全文:3426文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る