PR
PR

クロマグロ豊漁、浜に活気 松前

 【松前】松前町沖で今期(7月~来年1月)のクロマグロ漁が本格化し、浜が活気づいている。3日には松前さくら漁協所属のはえ縄漁船20隻が出漁し、今期最多の139匹を松前港に水揚げした。

 3日午前7時すぎ、町内各地から出港したはえ縄漁船が次々と帰港。鮮度を保つため船内で血抜きなどの処理を終えた約30~80キロのマグロを次々と水揚げした。大型魚(30キロ以上)8匹を漁獲した第七漁宝丸の佐藤英樹船長(57)は「今日は豊漁だ。マグロはまだ赤身が多いが秋にかけて脂が乗ってくる」と笑顔を見せた。

残り:170文字/全文:413文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る