PR
PR

男性ホルモン値騒動乗り越え決勝進出 陸上のナミビア女子2選手

 五輪陸上で男性ホルモンのテストステロン値が基準を超えているため400mの出場を認められなかったナミビア女子2選手が、200mでそろって決勝に進出した。思わぬ騒動を乗り越えて好結果を残し「信じられない」と口をそろえた。

 18歳のエムボマはU20世界記録を予選と準決勝で続けて更新し「経験を積もうと思って来た。本当にうれしい」と白い歯を見せた。

 世界陸連はテストステロン値が高い選手に対し、薬などで基準内に下げなければ400mから1マイルの女子種目で国際大会に出られないと制限。800mで連覇していたキャスター・セメンヤ(南アフリカ)は今大会に出場していない。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る