PR
PR

「世界遺産のある函館」タクシーでPR 縄文推進協がステッカー製作

 道南の経済関係者でつくる「道南縄文文化推進協議会」は、北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録を記念し、特別ステッカーを製作した。函館市内のタクシー会社などに約800枚を配布。観光客らに遺産登録をPRする。

 登録決定翌日の28日から、函館地区ハイヤー協会を通じて、加盟する市内や近郊のタクシー会社18社に配布を開始した。ステッカーは白地に赤色で、「世界遺産のある街 函館」と記し、縄文土器を模したロゴマークも入っている。

残り:189文字/全文:400文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る