PR
PR

トマム富良野バス試験運行開始 滞在型観光に可能性 ワーケーションの利用にも期待

 【富良野、南富良野、占冠】JR富良野駅を出発し、南富良野町の観光スポット付近の駅などを巡り、占冠村のトマム駅と無料往復する「トマム富良野バス」の試験運行が7月31日に始まった。滞在型観光や、旅先に滞在しながら仕事をするワーケーションの利用推進を目的に、富良野美瑛広域観光推進協議会(事務局・富良野市)が9月20日までの土日祝日に1日1往復させる。初日のバスに乗ってみた。

 午前7時15分、ふらのバスの大型バスが関係者と記者の計3人を乗せて富良野駅を出た。市内のホテル2カ所を経由し、ゴムボートで急流を下る「ラフティング」が近くで楽しめる南富良野の落合駅、占冠の星野リゾートトマムを経て同9時半にトマム駅に着いた。

残り:429文字/全文:736文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る