PR
PR

無観客でも土煙上げ激走 道新オフロード バギー14台参加

 【陸別】道新オフロードレースin陸別全日本選手権大会(陸別町、北海道新聞帯広支社、北海道文化放送主催)が1日、町内の陸別サーキットで開かれた。曇り空の下、道内から集まった出場者は土煙を上げながらコースを激走した。

 今回で39回目。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止し、今年は事前宣伝を控えたために例年より少ないエントリー数となり、会場も無観客で行った。

 道東地域を中心にバギー14台が参加した。排気量別など4クラスに分かれ、1周1・3キロ、最大斜度30度の起伏に富んだコースを走り、順位を競った。抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げた。(岡田圭史)

PR
ページの先頭へ戻る