PR
PR

道内で猛暑日9日連続 小平町達布で36・1度

[PR]

 道内は1日も南から暖かい空気が流れ込んで気温が上がり、留萌管内小平町達布で36・1度を観測するなど3地点で最高気温が35度以上の猛暑日となった。道内の猛暑日は先月24日から9日連続で、1976年の統計開始以降の最長記録を3日連続で更新した。

 札幌管区気象台によると、最高気温は留萌市留萌で35・6度、同市幌糠で35・5度となるなど、5地点で観測史上最高を記録。旭川市は33・1度と20日連続で30度以上の真夏日となり、観測史上最長を更新した。

残り:220文字/全文:442文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る