PR
PR

地下鉄と市電の終電繰り上げ 5日から、札幌市方針 まん延防止適用で

 札幌市は31日、市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、2日から道内にまん延防止等重点措置が適用されることに伴い、市営地下鉄3線と路面電車(市電)の終電時間を5日から繰り上げる方針を示した。酒類提供の終日停止などの道の要請に応じた飲食店に対する支援金については、9月1日から申請を受け付ける。

 道内への重点措置適用は3回目で、7月11日に終了した前回は市内で午後7時まで酒類提供を認めた。今回は酒類提供の停止が求められるが、支援金は前回と同額の1店舗当たり3万~20万円に据え置かれた。秋元克広市長は会議後の臨時記者会見で、「(店の)納得感は得られないと思うので国に金額の上乗せをお願いしたが、対応は変わらなかった。引き続き道と連携し(増額を)要請したい」と述べた。

残り:346文字/全文:683文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る