PR
PR

札幌、酒類提供停止へ まん延防止再適用で道、31日に対策決定

 道は30日、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づくまん延防止等重点措置が8月2日から31日まで道内に適用されることに伴い、札幌市を対象地域として飲食店に酒類提供の終日停止と午後8時までの営業時間短縮を要請する方針を固めた。専門家の意見を踏まえ、今月31日の道の対策本部会議で決定する。

 道内への重点措置適用は3回目。今月11日に終了した前回は同市内で午後7時まで酒類提供を認めたが、国の方針改定を受けて厳しくする。現在は道独自の対策で札幌市内の飲食店に酒類提供を午後8時まで、営業時間を同9時までとするよう要請している。重点措置適用後、知事は要請に応じない飲食店などに命令を出し、従わない場合は20万円以下の過料を科せる。

残り:404文字/全文:720文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る