PR
PR

カプセルに詰めた土産 奥尻高生がデザイン

 【奥尻】北海道エアシステム(HAC)は30日、檜山管内奥尻町の奥尻高の生徒がデザインした缶バッジとキーホルダーのカプセル玩具販売機「ガチャガチャ」を、奥尻空港の到着ロビーに期間限定で設置した。

 売店のない同空港で観光客の思い出になる土産を提供するため、丘珠―奥尻線の季節運行に合わせて企画した。同社が同校に協力を打診したところ、同校ボランティア局の生徒17人が缶バッジとキーホルダーのデザインを考案。各10種類で、観光名所のなべつる岩や奥尻の海を飛ぶカモメなどが描かれている。

【関連記事】
<特集>キタ×コレ~北海道をおいしく、旅する~

残り:99文字/全文:367文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る