PR
PR

JR釧路駅高架化、市「中心部活性化や防災」強調 初の住民説明会

 釧路市は29日、JR釧路駅の高架化を軸とした市街地整備に関する住民説明会を市中部地区コミュニティセンター「コアかがやき」で初めて開いた。市は、北大通など都心部のにぎわい創出や防災の観点から、駅高架化に伴って徒歩と公共交通を中心としたまちづくりを進めていく考えを強調した。

 市は、駅高架化を軸に中心部の活性化を目指す「釧路都心部まちづくり計画」事業構想編を3月に策定。市民の意見公募で賛否が分かれたため、理解を得ようと説明会を開くことにした。

残り:408文字/全文:629文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る