PR
PR

「どさんこプラザ」湯川店好調 開業1周年、道南産品が人気

 【函館】函館市湯川町のコープさっぽろ湯川店内に、コープと道が設置した道産品アンテナショップ「北海道どさんこプラザ湯川サテライト店」の売り上げが好調だ。昨年7月の開業から1周年を迎え、6月末までの年間売り上げは約2220万円。道南の和菓子や水産加工品が人気を集めている。

 渡島総合振興局によると、サテライト店は道内に同店と後志管内倶知安町の2カ所。湯川店の売り上げは倶知安店の約2倍に当たるといい、常時約250~300品目を並べ、3カ月に1回ほどの頻度で約50種類の商品を入れ替えている。

残り:273文字/全文:517文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る