PR
PR

道内感染拡大260人前後に 知事、第5波「最大の恐れ」

[PR]

 道などが29日午後に発表する新型コロナウイルスの新規感染者数が、全道で260人前後となる見通しとなった。このうち札幌市は150人台となる見込み。インド由来で感染力の強い変異株「デルタ株」による感染拡大が続く中、28日には全道で53日ぶりに200人を上回る227人が確認されており、日別の新規感染者数が200人を超えるのは2日連続となる。

 鈴木直道知事は29日午前、道庁で報道陣の取材に対し、国内で28日に過去最多の9583人を記録したことも踏まえ「第5波は過去最大の感染の波になる恐れがある。過去にない最大の危機になるかもしれない」と述べ、道民に危機意識の共有を呼び掛けた。

 道は国に対して20、26の両日にコロナ対応のまん延防止等重点措置を要請。国は適用する方向で最終調整しているが、知事は「大変残念ながら現時点で適用されておらず、国から措置を検討するという話もない。歯がゆい状況だ」と不満を表明した。(村田亮、佐藤海晟)

PR
ページの先頭へ戻る