PR
PR

佐呂間で36度、道内猛暑日6日連続 札幌2年ぶり熱帯夜

[PR]

 道内は29日も気温が上がり、正午までにオホーツク管内佐呂間町で36・0度を記録するなど、道内2地点で気温35度以上の猛暑日となった。道内の猛暑日は6日連続。日本気象協会北海道支社によると、札幌の2地点で29日朝にかけての夜間の最低気温が25度以上の「熱帯夜」となった。札幌での熱帯夜は2年ぶり。

 札幌管区気象台によると、台風8号から変化した低気圧が日本海上にとどまっている影響で、道内に南から暖かい空気が流れ込み、気温が上昇。正午までの最高気温は、オホーツク管内滝上町で35・4度、同遠軽町と北見市常呂で34・9度など。札幌市は29・4度となった。暑さは30日にかけても続く予報で、気象台は熱中症に注意するよう呼びかけている。

残り:108文字/全文:422文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る