PR
PR

砂川のJR線脇の草地で火災 6本が運休・部分運休

[PR]

 【砂川】27日午後3時半ごろ、砂川市東3南6のJR函館線の線路脇の草地から煙が出ているのを住民が気づき、消防を通じて滝川署に通報した。同署やJR北海道によると、現場はJR豊沼―砂川間の同社の敷地内で、草などが燃えたが約1時間後に鎮火した。けが人はいなかった。

 JR北海道によると、火災の影響で特急ライラックなど6本が運休または部分運休し、特急と普通列車に最大約1時間40分の遅れが出て、約1200人に影響した。同社によると、線路脇の木の枝が電線に接触していたといい、同署が出火原因を調べている。

全文:248文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る