PR
PR

ワクチン接種の優先職種は? 道が例示 インフラ、運送、教員、保育士…

[PR]

 道は、64歳以下の住民への新型コロナウイルスワクチン接種が本格化するのを前に、優先して接種する職種を例示した文書を道内全市町村に示した。電気や水道などのインフラ関係や物流に携わる運送業、教員や保育士など対人の業種を例示。感染リスクの高い職種を優先させることで感染拡大を抑え込みつつ、混乱を回避しながら接種のスピードを上げる狙いだ。

 道が「優先職種」を例示するのは初めて。職種は、国が基本的対処方針で緊急事態宣言下も事業継続を求める業種を軸に、スーパーなどの生活必需品販売や金融サービスなどを例示。地域での職域接種状況も踏まえて判断するよう求めた。

残り:274文字/全文:548文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る