PR
PR

部下へのパワハラ 2等陸尉を減給の懲戒処分

[PR]

 陸上自衛隊第11旅団(札幌)は26日、部下の頭を蹴る暴行やパワハラを行ったとして、同旅団第11後方支援隊の30代の男性2等陸尉を減給15分の1(1カ月)の懲戒処分とした。

 同旅団によると、2等陸尉は2018年2月から6月ごろにかけて、札幌市の真駒内駐屯地や千歳市の北海道大演習場において、業務上のミスをした複数の部下に対し、指導と称して腕立て伏せをさせたり、鉄帽をかぶった部下1人の頭を足蹴りする暴行をした。同年10月の隊員への職務アンケートで発覚し、同旅団が関係者への聞き取り調査を行っていた。

PR
ページの先頭へ戻る