PR
PR

道内50地点で真夏日 旭川市で34・1度

[PR]

 高気圧に覆われた影響で道内は22日も、旭川市で34・1度を記録するなど50地点で最高気温が30度以上の真夏日となった。道内の真夏日は10日連続。16日から21日まで6日間続いた35度以上の猛暑日にはならなかったが、札幌管区気象台は8月6日までは平年より高い気温が続くとみており、水分補給など熱中症対策を呼びかけている。

 気象台によると、旭川市は22年ぶりとなる10日連続の真夏日となった。このほか士別市で34・0度、上川管内の和寒町と上富良野町、オホーツク管内滝上町で33・9度を記録。札幌市は30・6度だった。

残り:175文字/全文:432文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る