PR
PR

豊島の封じ手 自陣を重厚にする狙い 王位戦第3局2日目

 将棋の藤井聡太王位(19)=棋聖=に豊島将之二冠(31)=竜王、叡王=が挑戦している「お~いお茶杯第62期王位戦」(北海道新聞社主催・伊藤園特別協賛)7番勝負第3局は22日、神戸市北区の旅館「中の坊瑞苑」で再開、指し継がれた。

 両対局者が前日の手順を再現した後、立会人の谷川浩司九段(59)が、豊島の封じ手(66手目)が入った封筒を開封。「5四銀打」を示し、2日目の対局が始まった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る