PR
PR

江差風力発電所の建て替えを継承 電源開発

 電源開発(東京)は21日、再生可能エネルギー事業を手がけるシン・エナジー(神戸市)と共同で、檜山管内江差町で風力発電事業を行うと発表した。町内で以前から予定されていた総出力2万1千キロワットの江差風力発電所の建て替え計画を引き継ぐ。

 江差ウインドパワー(江差町)が2001年に運転を始めた江差風力発電所の発電設備を建て替え、新たに風車5基を21年度中に着工し、22年12月に運転開始する見込み。

残り:95文字/全文:293文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る